FC2ブログ

広大祭からスポレク

ちょいとばかり忙しいです。
土曜日は早朝から仕事を終わらせ、午後から広工大の剣道大会へ顔を出すことが出来ました。

結果はAチームが大将戦までもつれ込んでの準優勝。
優勝はもみじ道場さん。
先鋒、次鋒と連取したのち、中堅、副将で取り返されてからの大将戦はしびれました。

一本先取され、すぐに取り返す展開。
最後は自力に勝るもみじ道場の大将にやられましたが、非常に見ごたえがある試合をしてくれました。
received_323504835093827.jpeg

お昼過ぎに到着して、しばらく試合会場を眺めてたんですが、
すぐに中学生が呼びに来て、
「先生、Cチームの監督行ってください!」って。
いやいや、今日は来る予定じゃなかったから、監督は他にいるだろって。

観戦に来たつもりだったので、あまり出しゃばりたくないんだよねーって思ってたんだけど。
「S太郎が泣きじゃくって、試合に出られんかも知れんのんですよ!早く行ってください」って(笑)

まぁ、しょうがない、行ってみるとするか。
と会場近くに行ってみると、まぁ、大きな鳴き声が聞こえること(苦笑)

 もう試合は始まってて、中堅のS太郎まで時間もないのに、泣きじゃくっているからお母さんも面を付けるのみに往生していましたわ(笑)

すぐに面をつけるのを変わって、
「いつも稽古でやっていることを見せてくれる人!?」
っていうと、泣きながらでも
「はい!」って手を挙げるのね(笑)
なんとかわいいことか。

で、試合が始まる前には気持ちを取り戻して、会場に入るわけですが…

もみじのAチームとかとやるわけですから、負けますわね(笑)
そしたら、また、すげー泣きじゃくって、帰ってくるわけ。

子どもながらに悔しいんですよね。

それでも、自分で丁寧に面を外して、タオルをたたんで、面の中に小手を入れて、片付けて。。。。
そういうの見てたら、この子はえらいなーって。

リーグ戦だったから何試合やったのかな?
試合のたびにそれの繰り返し(笑)

最後の試合では、体の大きな相手に、ひっくり返されて、それはそれは、泣きじゃくりMAXでしたが、一番内容のいい試合だったんじゃないかな。

あの姿を見たからには、もっともっと強くしてあげられるような稽古をしてあげないとね。
指導者としての責任だと思いました。

そして、翌日の日曜日はスポレク。
各区の選抜チームが出場する大会ですので、前日泣きじゃくったS太郎君は出場できない試合です。
2018-10-14-08-54-33.jpg 
私は審判だったので、目の前の小学生低学年チームの試合を特等席で観戦。
優勝こそ逃しましたが、優勝チーム以外から3名選ばれる「敢闘賞」に小学生低学年の實太くんが選ばれました。

一本取られてから、面を連取した試合があったのですが、審判主任の先生が「あのガッツがよかった」とノミネートしてくださったようです。
私もいい試合だったなと思っていたので、ありがたく思いました。
これを自信にしてくれたら、いい剣道が出来るようになるんじゃないかなと思います。

優勝チームとは力の差は歴然でしたが、それにしても、なかなか剣道らしくなって来たように思います。また、試合内容だけではなく、所作や着装など、褒めていただく機会もありました。
それはまた嬉しいことですね。

これからまだまだ試合は続きます。
しっかりと子どもたちを支えられるよう、五月が丘一丸となって頑張って行きたいですね。
スポンサーサイト

崇菱会10周年記念オープン稽古会

去る10月6日(土)に崇菱会の10周年を記念して、オープン稽古会が開催されました!
ずいぶん前のことのように感じちゃうなー(汗)

詳しくは崇菱会のブログへたくそ剣道理論に掲載されてます。

北は北海道、南は沖縄から参加者は「百名」から1名足らない「白名」!
スケールでかすぎ!!
一般の稽古会の10周年記念稽古で、これだけの人数が集まるなんて。
DSC07083.jpg 
上にはいつものMr.skyカメラマンとマニアックM先生が撮影。
マメな撮影→分析→情報発信→会員増→剣道人口の底上げ
につながっているんだなと実感。DSC07085.jpg 
そして、座礼から体操→基本稽古→模擬審査→地稽古へ
DSC07087.jpg 
基本稽古が始まりました。
100人近くなると6列でも狭い!DSC07089 (1)

序盤は様子見のみなさんですが、、、、
DSC07096.jpg

少し慣れてくると、ちょっとした指導も取りこぼさないよう、熱心に駆け寄りますね。
DSC07093.jpg 
ここからは動画。
切り返し


面打ち


近い間合いからの面打ち


模擬審査1人目


模擬審査2人目


地稽古1人目


地稽古2人目


地稽古3人目


ということで、おしまい。

手を抜く

五中金曜稽古

「手を抜いた稽古をしなさい」
とは観音のT橋先生。

攻めて、乗って、勝って、打つと言いますが、それを一つずつの区切りにしてしまわないように、「(て)を抜きなさい」ってことでした。

T先生も昔の先生から教わったそうです。

私も柏村八段から、「攻めて」ではなくて、「攻めながら」と指導をいただくのですが、そのことですね。

同じことを教わりますが、表現ひとつで、スッと入ってくるものです。
子どもも同じでしょうね。

稽古は同じことを繰り返し繰り返し積み重ねるものですが、表現だけでも変えてやれば、子どものやる気も高まり理解も深まるんだろうと思います。

2018麻剣会合宿!

麻剣会合宿2018!
台風の接近にヤキモキしましたが、なんとか、日帰りで開催をすることが出来ました!
関係者のみなさま、本当にありがとうございました!!
42913324_1873617459400617_8723391878860374016_n.jpg 
この合宿に参加し始めたのは、剣道再開した翌年の2013年からなので、もう6年前も経つんだなぁ。
早いもんですわぁ。

今年は運動会、修学旅行、県大会、あと、合宿開催地(元向垰小学校)の向垰地区のみなさんは、向垰神楽の大阪公演のためご不在ということもあり、人数少なめでスタート!
42820832_344911836069727_1142453101643431936_n.jpg

まずは座学から。
「竹刀」って、なんで「しない」って言うか知ってますよね?
からスタート。 
本ブログをご覧のマニアの皆さんなら、さすがにご存知ですよね(笑)

今年はリクエストをしておいた、竹刀の手入れ方法をやってくださいました。
武道具屋さん直伝ですよ!!42839089_340370540043868_5686874885628887040_n.jpg 
子どもたちも真剣です!
あれ、食い入るように見ているのはお母さんの方かな(笑)
42969347_676600299406870_7245798270042112000_n.jpg

小さな剣士たちも真面目に参加!
42925547_543354502752362_3631616937231908864_n.jpg 
かと思ったら、ドラえもんに遊んでもらってました(笑)
DSC07069.jpg

はしゃぎすぎて、動きが捉えられん。
42870507_341881199712479_789619480987697152_n.jpg    
前半に座学をしていただいたのは、塾や行事で遅れて参加する子どもたちのためでもありました!
少しずつ人数も増えて、ここからは一般も参加して実践の講習会です!
2018-09-29-14-57-44.jpg  
お互いに構えて(当たらないように遠くで)、基立ちが面を打とうとする兆しを捉えて面素振り。
届かない間合いからですが、お互いのアゴまで切り落とすつもりで。
この稽古前は、普通に素振りをしていたのですが、こうして向き合うだけで、意味のある素振りに代わりました。
とても効果的な指導方法ですね。
42819718_1743938442370344_3437456240467247104_n.jpg 
その後、「踏み込み足、送り足、継ぎ足、歩み足」での打突の稽古をしました。
どれも無意識にやってたら悪癖になるかも知れないけど、意識的にできるようになると武器になる。

こうした、たったひとつのアクセントが、ただ漠然とした稽古から、意識をする、更に意識を高める稽古になるんですよね。

さて、台風が翌朝にはやって来るということで、日帰りという判断となりまして・・・
残念っす。
大好きな温泉も、5分少々つかるくらいで足早に夕食会へ!
42824059_731636073861303_3848617505572519936_n.jpg 
かんぱい!

飲んでる最中に、子どもたちに引っ張り回されたので、いつもより酔いが回りました(汗)
帰りの車で爆睡。
妻よ、すまねぇ。

そんな合宿当日は結婚記念日。
記憶に残る記念日になりましたね。

また、写真がブレてますが記念写真。
2018-09-29-17-32-08.jpg 
妻に、そして、みなさんに支えられて剣道を楽しめてます。
本当にありがとうございます。

一心不乱!

8~9月は忙殺されまくりでしたが、、、
こちら9月最後のイベントのお手伝い。



企画書の提出期限とイベントが重なってしまって、それはそれは、倒れそうでしたが…
ようやく、いったん解放されそうです。

さて、こういう忙しいときこそ限界に挑みたくなる気持ち、分かりますよね??
しかも、そんなときは内容なんてどうでもよくて。
一心不乱。
打ちたくなったら打つ。

ある先生から稽古途中に、「今日はそれで(その剣道で)ええんか?」と声をかけられましたが、これでいいと続けさせてもらいました。
もちろん、「打ち急ぐな」という助言はいただきましたが、「それでええんか?」と声をかけてくださるあたり、何かを察してくださったのでしょうか、さすがだと思いました。

「今日は最後まで気力が続きましたね」と声を掛けてくださる先生も。
内容よりも気持ちの継続、一心不乱、そんな稽古を求めていたことが分かるんでしょうかね?

合気になるといいますが、何か、さらに一枚上の合気というのを感じました。

こうして指導をいただいた経験が、子どもたちの指導にも活かされるようになるんでしょうね。

さて、ひとつ大きなイベントの波が終わり、一息ついたら…
次は10月後半から12月前半までの最後の波を乗り切らねば。

そうだ、一息つくわけにはいかん。。。
9月29、30日は麻剣会の秋合宿だ!
さぁ、気持ちを切らずに、前に進むぞ!

プロフィール

revken

Author:revken
【入会歓迎】五剣会五月が丘支部で初心者指導を担当してます。【稽古日】稽古日は毎週月・木・土の3日間。月曜日は本稽古のみで19時~21時まで。木曜日は19時~21時、土曜日18時半~21時。初心者の稽古は初めの1時間。稽古スケジュールは、五剣会五月が丘支部のブログにてご確認ください。幼少から入会可能です。また、剣道経験者でブランクのある方が稽古を再開するには、ちょうどいい道場です。という私も約20年ぶりのリバ剣(再開組)です。見学ご希望の方は、いつでもメッセージをください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム