FC2ブログ

根本的な違い

まさかのですね。
小垂がボロボロという…
20190613_093746.jpg

ということで、ぐるっとやりました。
修理が進むにしたがって、上手になるのよね。
20190613_112846.jpg

前半やったところを、ほどいてやりたくなるくらい、要領を得てしまった。
ということで、今なら上手にできる自身があります。
修理がある子は、言うて来てね。


さて、昨日は中学生がテストでもあったのかな?
小学生ばかりの稽古でした。
号令も不慣れなので、途中で分からなくなった子が、泣きながら立ち尽くしてしまいました。

そういう役を与えらえたときの子どもたちの反応は、それぞれです。
今回のように泣いてしまう子もいれば、黙り込んだり、笑ってやり過ごしたり、誰かに聞いたり。
それらの反応は、それぞれが持った個性なのだが、指導者としては、どこに導いてやるのが正解なのかは迷ってしまいます。

ただ、周囲に対しては、こうして欲しいというのはある。
それは、できない子どもに対して、仲間として応援をしてやるということです。

しかし、昨日は、出来ない子に対して「何故できないのか?」という声や視線を送る子が多いことに、正直、いらっとしてしまった。

根本的なことだけど、習い事というのは、できないから来るところであって、出来ないから落ち込む必要はないのです。
逆にできないことが分かるから、そこを学ぶという目的意識を持つことが出来るものです。
そもそも、小学4年生が号令をかけるようになると思って、日頃から号令をかけることを意識して稽古している子が、どれだけいるだろうか。

逆にできるからといって、できない人をさげすむ様なことをしてはならない。
お稽古というのは、できないからやっている。
出来るから来るものではない。

上手にできないことを見つけて、どうすれば上手にできるようになるかを見つけるために来ている。
それは、子どもだけではなく、大人も同じ。

そのことを、その子にもお話をしました。
うなづいてはくれましたが、そのことが分かるようになるのは、ずっと先かも知れませんね。
スポンサーサイト

チマチマと垂の補修に入りました

子ども用には珍しい手刺しの防具です。
厚みがあり柔らかくてコシがあります。
ボロボロに見えますが、補修をすれば味のある剣道具になりそうです。

チマチマとした作業です。
さすがに本職のような針仕事は難しいですが、それなりに仕上がりそうです。

すでに2か所は補修をしています。
20190611_232842.jpg

こんなところを、
20190611_232848.jpg

こんな風にパイピングします。
20190611_232854.jpg

破けているところを、全てパイピングしたあと、白くなっているところだけ藍色に染めようと思っています。

あとは、腹帯のところの革あてをしようか悩むところ…
そのくらいはしてもよさそうな、いい防具です。

面の修理は肩が擦れていたところに革をあてて、完了しました。
20190611_202916.jpg

突き刺していますが、縫い目が表に残らないように工夫をしてます。
自己流ですが、十分な出来栄えだと思います。
20190611_204349.jpg

これでほぼ完成です。
もし、この面を長く使うようなら、ネームを付け替えてあげよう。
あとは、面紐くらいは新品にしたらどうかな。
20190611_222726.jpg

さて、これらの剣道具は、道場の先輩や剣友が譲ってくれたものです。
大変ありがたいことです。
ただ中古品ですから、そのまま使わせるのも気が引けますので、洗浄・補修をしてお渡ししています。
貸し出しというよりも、差し上げています、というのが正しいかも知れません。

もし、お気持ちをいただけるなら、
「もしかしたら、次にこの防具をつかう子がいるかもしれない」という思いを持って、
お手入れをしながら大切に使用していただくということでしょうね。

五月か丘支部・剣士募集!

五剣会五月が丘では、新しい仲間を募集しています!

そろそろ、初心者3人組(4年生1人、2年生2人)の手が離れそうです。
剣道具をつけて、本稽古にあがれる日も、そう遠くありません。

そうなりますと、土曜日だけ参加している女の子2人(年長さんだよ)と、たまーに参加するこれまた4歳の男の子くらいかな。
8割は遊びながら、そして剣道を交えて、楽しい時間を過ごしてくれていると思います。

さて、こういうタイミングで入会すると、手取り足取り、マンツーマンで指導を受けることができます。
少人数で指導を受けられる方がお得です。

当会では、競技としての剣道で結果を出すことにこだわらず、稽古はもちろん、礼儀作法、服装、道具の手入れなどを通じて、子どもの成長の一助となることを心がけています。

できることなら、お住いの地域にある道場に通われるのがいいとは思いますが、私どものような道場をお探しの方がいらっしゃいましたら、まずは見学にお越しください。

決して強豪チームではありませんが、お子様を大切にする道場です。

現在、五月が丘学区を中心として、山田、石内、美鈴が丘、鈴が峰、古田などの学区の生徒さん、また、大人の愛好家の方々も参加されています。

毎週木曜日、土曜日に見学や体験ができます。
無理にその気にさせるような体験会はしていません。
いつも通りの稽古を体験してもらって、それでもまた来てみたいと思った子どもたちばかりです。

まずはお気軽にお越しください。

そのアナウンスいります?

そうそう、思い出した。
いつも試合のたびに書こうと思うんだけど、書き忘れちゃっててね。


試合前に子どもたちはアップをするわけです。
そこで、アナウンスが入ると、全員がアップを止めて正座をして静かにアナウンスを聞きます。
アナウンスが終わると、すぐさまアップが再開されます。

この風景、私たちの頃にあったのかな?
とてもよい作法ですね。


さて、そんな素晴らしい作法の子どもたちに、どんなアナウンスがされているか。
ここが問題。
必ず「喫煙場所」と「内履き、外履き」のアナウンスがあるんですよ。

灰皿のないところでの喫煙はしないでね。
外に出るときは、外履きに履き替えてね。
中に入るときは、内履きを履いていいけど、試合会場内は、履物禁止だよ。

こんなアナウンス、されないとダメなんですかね?

mini98先生のブログに「作法とルール」という記事が書かれています。
とても共感する内容です。
良かったら読んでみてください。

ルールをアナウンスされたから守るんじゃなくて、
そもそも持ち合わせている「良識」で判断をすることが日本古来の美徳であり、
スポーツではなく武道を志す理由ではないのでしょうか。

いつも使っている体育館に「一礼して入る」ことで、
そこが、いつものスポーツ施設から武道場に変わるわけです。
その一礼が、ただの形式、ルールではないことを望みます。

藤原範士が竹刀や剣道具の規格変更をされました。
そして、こうおっしゃっています。
「ルールとは遠いところで剣道をしたいよね」って。

ルール化されなければ、怪我をする。
ルール化されなければ、刀法から遠のく。
ルール化されなければ、試合が長引く。
ルール化されなければ、、、、

ルールからは遠いところに、理想はあるんですよね。

ということで、
私を含めて五月が丘のみなさん、新しい仲間が増える中で、剣道における作法を知らない方もおられます。
全体で気を付けて行きましょうね。

着装も剣道修行のうちですね

休みの日は朝から大忙しです。
剣道具OKをもらった子どもたちは、一日でも早くつけたいんですね。
けど、道具の準備が追い付かない(汗)

買ってもらうのがいいんだけど、続けるかどうかとかあるしね。

ということで、古い道具を引っ張り出して修理。
まずは、面布団の縁の補修。
20190608_103821.jpg

はい、お得意の修理。
古い袴で作ったバイアステープを使ってます。
20190608_120230.jpg

縁がきれいになりました。
20190608_120243.jpg

次は面縁ぬりぬり。
20190608_103833.jpg

単純な作業ですが、なかなか面倒ですからね。
20190608_130627.jpg

ついでなので、自分の面も塗りました。
作業をしてると、そういえばと思い出す。

そうそう、この胴の傷み具合も気になってたのよね。
20190608_122840.jpg

胴胸の塗装は難しいですね。
今回は納得の塗装ができました。
ほら、かなり綺麗でしょ。
20190609_063121.jpg

あとは、面垂の肩のあたりの擦れの補強。
補強する革がなかったので、なじみの手芸屋さんへ。
こんなおっさんに、なじみの手芸屋があるという…
20190608_173428.jpg

まぁ、ぼちぼちと進めましょうかね。

さて、子どもたちの剣道具も気になりつつあります。
稽古ばかりではなく、道具の手入れについても計画的にしましょうね。

昨日も着装が悪い選手が多かったですね。
まだ小学生だったり、初めて間もない子どもの責任とは言えません。

指導者、保護者が気を付けてあげましょうね。

プロフィール

revken

Author:revken
【入会歓迎】五剣会五月が丘支部で初心者指導を担当してます。【稽古日】稽古日は毎週月・木・土の3日間。月曜日は本稽古のみで19時~21時まで。木曜日は19時~21時、土曜日18時半~21時。初心者の稽古は初めの1時間。稽古スケジュールは、五剣会五月が丘支部のブログにてご確認ください。幼少から入会可能です。また、剣道経験者でブランクのある方が稽古を再開するには、ちょうどいい道場です。という私も約20年ぶりのリバ剣(再開組)です。見学ご希望の方は、いつでもメッセージをください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム