小手穴ふさぎ

保護者さんが、小手の修理方法を教えて欲しいということでしたので。

まず、道具と材料の紹介から。

針はクローバーの革縫い針が使いやすいです。
糸は綿の太口(白糸)が摩擦にも強いかと思います。
私は少し細いテトロン糸を使っています。
理由は後ほど。
そしてクラリーノ革か鹿革。
よく竹刀の柄革やほかの革で代用しているのを見ますが、
仕上がりが悪い(使い勝手も、見た目も)ので、
個人的にはお勧めしません。
あとは、木工用ボンド、または、普通の糊。
固くならない糊がいいです。
ちょっと引っ付けばいいだけなので。
22641869_1508788982546468_200526032_o.jpg 
では、穴ふさぎを始めます。
今回はクラリーノ革の小手なので、クラリーノ革で補修します。

まずは、穴の箇所を確認します。
22556249_1508789005879799_430301437_o.jpg

クラリーノ革を、穴をふさぐ大きさに切り出します。 
穴に対して、あまり大きくしすぎないように。
これくらいで十分です。
22641936_1508788955879804_82518616_o.jpg

そして、糊なのですが、
スティックのりでもいいです。
決して糊だけで貼りつけてしまおうなんて考えないように。
22561360_1508788965879803_260921712_o.jpg  
これでも多いくらい。
22561210_1508788979213135_1707984990_o.jpg 
このとき、中に手を入れて、破けた革と補修の革の形を整えます。
縁の革ギリギリは縫いにくいです。
縫いしろを開けておくと縫いやすいです。
22561396_1508788959213137_21449180_o.jpg

さて、ここから縫うわけですが。
22563587_1508788952546471_1007529962_o.jpg

はい、完成…
写真で途中経過を説明するのは難しいですね(-_-;)
22641898_1508788949213138_1101739639_o.jpg 
ポイントは、
・縫い目を小さく
・縫い目を直角に
・間隔を一定にする
・間隔を狭くし過ぎない

小手の補修をしたあと、
①同じ場所(貼り付けた革)が破ける
②縫い付けた糸が切れて、革がはがれる
③縫い付けた針の穴から破けてしまう
④破けなくなった
ということがあります。

厄介なのは③ですね。
針穴にテンションが掛かって、そこから破けてしまう。
そういうときは、糸が切れてしまう方がいいです。
頻繁に修理をしなければなりませんが、
元の革を痛めませんし、
張り替えをするよりは経済的です。

何よりも④の破けなくなることが理想ですけどね。

スポンサーサイト

東西対抗&連盟対抗

日曜日は東西対抗&連盟対抗

東軍の先鋒は大学生時代に五月が丘に通われていた、
K本先生が選出されました!

大学時代はうちの道場(西軍側)に通われていて、
現在はお仕事で東軍側で稽古をされています。

こうした名誉ある大会に選出されるというのは、
仲間として本当にうれしいことですね。
20171016103740426.jpg

K本先生の勇姿!
全国レベルの相手にいい試合をされました!
20171016104206857.jpg 
私も出場した連盟対抗は東区と熱戦!
先鋒は、昨年まで五月が丘に通っていた教え子。
現在、強豪N田高校でビシバシと鍛えられてます。

教え子と一緒のチームで試合に出られるってのはうれしいことですよ。
20171016104157954.jpg

その先鋒が取って、取られて、取り返しての熱戦!
なんとも成長した姿をみて興奮!

次鋒も隣町の道場の生。
取られて取り返しての、これまた熱戦!

三将も剣友の息子さん。
取られて、取って、取られての、時間ギリギリまでの熱戦!

そして、 中堅。
五月が丘で一緒に頑張っているパパさん剣士。
本日誕生日ということで奮闘!
取られて、取っての、これまた熱戦!!

そして、五将は私の出番!
教え子の前でいいところを見せたい!
そして、取られて!
終わり・・・

取り返してないんかぃ!!!!!

くぅーーーー(泣)
この流れなら取り返せると思ってたのに(残念)

その後、副将引き分け、大将惜敗ということで、
チームも一回戦敗退でした。

引き分け狙いという選択肢もあったのでしょうけど、
勝てるとしか考えてませんでしたからね(笑)

何はともあれ、教え子との試合。
満喫しました!

出会いは剣道

エブリデイ剣道
こうして毎日剣道をさせてもらえることに感謝です。

土曜日は黒瀬剣道教室で審判
県内外から1500名
愛知、京都、福岡、香川…
それはそれはレベルの高いチームの集まる大会です。

疲れましたが、審判としてとてもい経験をさせていただきましたぁー。
20171016103639684.jpg

五月が丘からも中学生が出場したのですが、まさかの2名欠場(笑)
なんと、、、監督も不在という(苦笑)

審判してるときは試合見ないようにしているんで、
アドバイスも出来ず…

子どもたちよ、
何から何まで、
すまん。

監督がいない方が気が楽でよかったかも知れんけどね(笑)
ひとつひとつの試合で、何か成長につなげてくれると嬉しいです。


帰宅後は近くの山田団地のお祭りへ。
毎年の楽しみです。
いつもは稽古後に剣道着のまま急いで行って、
売り切れ目前のうどんと缶ビールで、
終了間際の神楽を楽しむのが習慣。

今年は稽古がお休みだったので、19時過ぎから来ることが出来ました。
20171016103705364.jpg

こちらのお祭りのお世話をされているのが、
崇菱会、大塚剣徳会でもお世話になっている、
フロント先生。
フロント先生は、妻が小学生の頃に剣道を習っていたというご縁もあったり。
本当によくしていただいております。

こうしたご恩は、ご縁のある子どもたちに返さねばなりません。
それが、私にとっては道場生の子どもたちなんだろうと思います。

山田周辺から道場に通っている子ども達もたくさん集まりますので、
毎年、顔見知りの子どもが増えるのも楽しみです。 20171016103722408.jpg

神楽を観ていると、子どもたちや保護者さんが挨拶に来てくれます。
現役の道場生もいれば、
辞めちゃった子もいます。
ご家庭の事情で次の五剣会大会を区切りに辞める子もいます。
今年は終始、子どもや保護者さんと話をしていました。

出会いは剣道ですけどね。
目的は子どもたちの成長を見守ること。

私たちの先生がそうしてくださったように。

と言いながら、
「いつでも帰っておいでよ」
というのは言い忘れませんけどね(笑)


そして、翌日は東広島で連盟対抗戦
佐伯区は東区との熱戦。
先鋒は五月が丘出身、現在、N田高校に通う女子剣士!

長くなるから、次に書くとしよう(笑)

工房・サメ胴への道

何やってるんでしょうか。 
20171010173719402.jpg

丸まっていたサメ革を水で戻してペラペラに。

材料だけ揃えてから一年掛かりましたが、
ここから何年かかるでしょうか(笑)
仕事だったらお客さん逃げちゃいますね。

さて、ペラペラになったといっても、
伸縮性は低いので、曲面に貼り付けるのは難易度が高いですわ。
IMG_0002.jpg 
特に小胸の曲線のあたりのしわを伸ばすのが難しかったですねー。
IMG_0003.jpg 
妻に手伝ってもらいながら、
「こんなもんかね?」
と微調整を繰り返す。
全てが目分量の感覚頼り。

まずは、2、3日型を取って乾燥させるところから。
ダメなら、また水で戻せばいいんだし(笑)

いい型が取れたら、次の課題は接着。
接着剤探しをしないといけないんですが、
やっぱり膠かな?

接着→形成→色付け→研磨→穴あけ→縁革綴じ→胸綴じ
さて、どんなもんか楽しみですね♪

藤原崇郎先生 瑞宝小綬章受賞 祝賀会

藤原先生 おめでとうございます!
20171010153445893.jpg

それにしても盛大な会でした。
藤原先生にご縁のある先生方がたくさんお見えになっていましたので、
写真撮影も控えめに、ビール継ぎまくって歩きましたよ。20171010153506224.jpg

藤原先生とお師匠様のみなさま(笑) 
20171010153454429.jpg  
我々、若手は写真を一緒に撮っていただくだけでも恐縮してしまいます。
これだけ何度もご一緒しているのに、
未だ写真をお願いしたことはありません。

会を終えて、会場を出る際にみなさんと握手をされていたのですが、
若手の中では、
「俺らも握手してもらってええの?」
って話になるくらい。

今回は勢いでガッチリと握手していただきました!

近いようで、やっぱり神がかった存在なんですよ。
今日の式典で、いろいろな話題がありましたが、
「あ、人間だったんだ」
という場面がありました(笑)

あれだけ人間味のある方なのですが、
剣道が人間離れしすぎているからでしょうね。

それにしても、本当におめでとうございました♪

プロフィール

revken

Author:revken
【入会歓迎】五剣会五月が丘支部で初心者指導を担当してます。【稽古日】稽古日は毎週月・木・土の3日間。月曜日は本稽古のみで19時~21時まで。木曜日は19時~21時、土曜日18時半~21時。初心者の稽古は初めの1時間。稽古スケジュールは、五剣会五月が丘支部のブログにてご確認ください。幼少から入会可能です。また、剣道経験者でブランクのある方が稽古を再開するには、ちょうどいい道場です。という私も約20年ぶりのリバ剣(再開組)です。見学ご希望の方は、いつでもメッセージをください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム